プライバシーの概要と目的と実地体制とマークの対象

プライバシーの概要と目的

プライバシーマークがあり概要としては、日本工業規格に適合していて適切な保護処置を個人情報について講ずる体制を整備している事業者に認定しています。これらの事業者に対して、プライバシーマークを付与します。目的はインターネット等のネットワークが普及してきたので、ネットワーク上で個人情報がやり取りされるようになったので、個人情報の保護が強く求められるようになったためです。このため、プライバシーマーク制度が創設されたのです。

プライバシーの実地体制

プライバシーマークの実地体制は、付与機関は審査機関を指定する事とプライバシーマークを事業者から付与のための申請を審査する事を初めています。プライバシーマーク制度を適正にするための、役割を担ってるのです。指定審査機関があり、プライバシーマーク制度委員会の審議の時に付与機関に対して申請するのに指定を受けた団体です。審査機関は、業者からプライバシーマーク付与の適性審査申請を受け付けています。審査内容として、調査等を行います。

プライバシーマークの対象

プライバシーマークの対象は、国内で事業の活動拠点を持っている事業者です。そのため、法人単位になっています。条件としては個人情報マネジメントシステム要求事項を定めている事業者になります。個人情報マネジメントシステム要求事項に、準じているものになっていることです。一部は改訂されています。個人情報の取り扱いが適切に実地され、体制が整備されている場合です。個人情報の保護を、実際に事業活動で推進している場合です。

機密情報や個人情報などが記載されたペーパーを処理するにはシュレッダーが最も有効な手段です。原型をとどめないので安心・安全です。